フェデラー 対 ジョコビッチ。 男子プロテニス界最強の選手は誰だ?BIG3の偉業を比較

フェデラーとジョコビッチどっちが強いか?|過去の対戦から検証

この年は8大会で優勝し、戦績 68勝9敗 勝率88. Lewis, Aimee 2012年7月6日. 正直言って、抽選に応募したことも忘れていた。 4月、昨年準優勝だったでは第2シードで出場するも3回戦でに敗れた。 atpworldtour. 正直言って、日曜日から2日経ちましたが、気持ちはまだ癒えておりません。 ジョコビッチか完全復活したとしても、クレーという圧倒的に強く得意な大会がある限り、安定して今後も延ばしていくことでしょう。 今年もベテランからニューフェイスまで旬の選手が勢揃い。 青色は準優勝。

Next

フェデラー、ナダル、ジョコビッチの誰が一番!? スタッツに見るビッグ3比較

欧州選抜チーム• 52勝5敗 勝率91. afpbb. 彼は未だに4大大会を優勝する程の実力があり、そして今年になってもシングルス1位に返り咲くほどの安定した力を保っているのです。 初のBIG4世界ランキング 1位から4位独占となる。 決勝戦でナダルとフェデラーが対戦。 こうしてみると、ロッドレーバー氏もノバクジョコビッチ氏も、彼らが全盛期においては、どのサーフェスにおいても誰も敵わないほど最強だったという証拠だ。 2020年2月21日閲覧。 四大大会すべてで準優勝経験あり その他記録 [ ]• あくまでBIG3の他2人に比べての話ですが。

Next

フェデラーとジョコビッチがダブルス組んでる!最高のエキシビジョン、レーバーカップを見逃したあなたへ【レーバーカップ2018】

ウィンブルドン2003年から連覇 17タイトル ・全仏オープン2005年から15回中14回優勝 全仏オープン2019年まで• そんなわけで、英国のスポーツデータ専門WEBサイト、the stats zoneは、現テニス界における究極のクエスチョンに挑むことにした。 atpworldtour. 日本では時差の関係で夜なので、睡眠時間を削れば意外とリアルタイムで見れる。 戦績はフェデラーの21勝3敗で、グランドスラムでは8戦全勝、ロディックからするとツアーで最もフェデラーに負けた回数の多い選手でもある。 これによって、自身の4大大会優勝最多記録を16に伸ばした。 コラムのようなものだと思っていただけると大変助かります汗 前回の、決勝を振り返った詳細なレポートが、大変ご好評を頂けたようで、たくさんの閲覧を頂きました。 (1984年)• 同年5月にイタリアのジュニア大会で優勝し、初めて国外のタイトルを手にした。

Next

【ウィンブルドン2019】悪夢の40

結果はジョコビッチが3-1でマリーを破り2年ぶり5度目のBIG4の40勝目の優勝を飾った。 しかし調子を上げてきたフェデラーが2セット目以降は完璧なプレーを見せ、2、3、4セットを連取し準決勝進出を決めた。 途中でも触れましたが、「カモン」と吠える声もなかったです。 そしてフェデラーとジョコビッチ。 ATP Tour. それぞれが年間でグランドスラム3冠• 次に屁が勝つパターン、これも屁の圧勝。

Next

ジョコビッチvs.ナダル

New York Times. 4大大会優勝 [ ]• 2012年8月26日閲覧. フェデラーが4ゲーム分も多くポイントは取っていた 5時間、正確には4時間57分の死闘。 2019年1月18日閲覧。 (1975年)• でもジョコビッチが勝ち上がり、決勝でを下し、グランドスラム通算14回目となる優勝を飾った。 1992-1993 計58週• 「フェデラー vs ジョコビッチ」対戦成績 2006年の初対戦から現在まで50回の対戦があり、 フェデラー23勝、 ジョコビッチ27勝。 というのも、毎年申し込んではいたが、5年間当たったことがなかったのだ。 フェデラーがナダルに勝利した瞬間の広場の様子。

Next

BIG4 (テニス)

数字が物語っている」と語り、「ロッド・レーバーと並んで史上最高の選手。 2016年1月24日閲覧。 a tenth straight semi-final in Melbourne. 多くのパブではスポーツ中継が流れている。 、でロジャー・フェデラーがをストレートで下してBIG4の初優勝。 (2005-08, 2018)• では、3回戦でに11度目の対戦にして初黒星を喫し、同大会14年ぶりの早期敗退となった。 3人ともキャリアグランドスラム達成• 決勝最終セットは、12-12まで決着がつかず、同大会で初めて最終セットタイブレークが適用された試合となった。 みなさんどうもこんにちは、テニス大好き、【ラム】です。

Next

誰が最強?ジョコビッチ・フェデラー・ナダルのテニス界の評価。

対戦成績 [ ] 四大大会 ジョコビッチ ナダル 8 1 1 12 5 2 3 4 合計 17 19 シングルス [ ] ジョコビッチ—ナダル 29—26 No. そして、同じようにフェデラーもまだまだ優勝回数を積み重ねていくでしょう。 また、決勝進出11大会・マッチ勝利73勝はいずれも2014年のツアー最多記録であった。 ナダルに関しては、フィジカルを全面に押し出すプレースタイルから、とにかく 怪我に関してどれだけケアできるかが今後の鍵となりそうです。 2009年7月6日閲覧。 埋まってきました。 ラケットやストリングなど、時代の影響もあるでしょうが、それだけ難しいことをジョコビッチはやってのけたのです。

Next