板倉 雄一郎。 社長失格

板倉雄一郎

銀行としては貸した金が返ってこないのは困りますが、 銀行員の多くは「自分の異動後なら知ったことではない」と思っています。 夏野さんとは、最近はテレビでも大活躍のさん。 夏野さんは板倉氏が副社長にスカウトした経営幹部として実名で登場していた。 ・ C to Bの放送局サービス さらに、聞くだけなら登録も必要なく無料で視聴できるwebサービスなのです。 S銀行のやっていることは契約上の法的には可能な貸し剥がしで罪にならないのでしょうが、道徳的にやっていることは犯罪的です。

Next

板倉雄一郎

倒産した「株式会社ハイパーネット」の社長、板倉雄一郎氏、副社長でその後、iモードを世に送り出した夏野剛氏、融資担当していた住友銀行の元支店長で、今は楽天の副社長の國重惇史氏。 この命題について、当事者中の当事者だった「元社長」が倒産の理由を1冊にまとめたことであると思っております。 (2006年)• そして倒産までの壮大な『悲劇』が生々しいまでの筆致で綴られておりまして、起業を志す人間にとってある種の『バイブル』として現在に至るまで脈々と読み継がれております。 2000年2月に「ベンチャーマトリックス株式会社」設立。 新会社を立ち上げ、再びネットビジネスに 挑む板倉氏。 コンセプト、サービスに共感した人たちが集い、今まさにホテルのスウィートルームに泊まり込みで夜通し開発しているという。

Next

板倉雄一郎

michsuzuki. 」 ジョン・F・ケネディ. それとも、優れた記憶力の持ち主なのだろうか。 時代の流れもあり、ネットのシステム関連の会社で起業した ものの、様々な要因で歯車がかみ合わなくなり倒産。 バランスが保てない人とは付き合わない。 ということです。 そして、この人はめげない。 そして板倉氏も言いました。

Next

[B! 板倉雄一郎] masato611のブックマーク

ハイパーネットではと提携して世界初のプッシュ型ダイレクト広告システムを利用した無料インターネット接続サービス「HotCafe」を展開し、ニュービジネス協議会より「ニュービジネス大賞」および「賞」を受賞した。 『おりこうさんおばかさんのお金の使い方』 (2005年、幻冬舎)• そこを正直に書いているところに好感が持てた。 既に会社の経営が行き詰まり、役員にも報酬を払えず、夏野氏が退社することになった際、それまでの貢献に感謝しつつ、こう記している。 社歴の浅い会社に銀行が無担保で多額の融資をし、一斉に新規融資を止めて破綻する。 有名人が有料の放送局を開くこともできれば、語学レッスンとして課金ルームを作ることもできます。 FacebookやtwitterのCMを見たことはないし、無理やり広めたいとも思わないと言う。

Next

[B! 板倉雄一郎] masato611のブックマーク

1998年に出版され、かなり話題になり、ベストセラーになった本だが、そのときは読む気がしなかった。 「いままで良く耐えたね」 僕はそう言って彼を見送った。 本書では、この画期的なアイデアを思いつくまでの軌跡と、その後の事業展開を時系列で詳細に語り、最後は26億円の負債を抱えて自己破産するまでを描く。 『社長復活』(2013年、PHP研究所) 共著 [ ]• そう言って、ハイパーネットで失敗したことを繰り返さないよう、新しい時代の組織を作り、古い技術の組み合わせではあるものの、新しいコンセプトで世界に打ってチャレンジする。 最初にこの事業を急かすように勧めて持ち上げたのはS銀行です。

Next

板倉雄一郎とは

時代の波に踊らされたと言えばそれまでだが、その波に乗って踊れる人間はごく僅か。 孫正義はいなかったかも知れないし、既成のメディアと組んで闘っていたかもしれない。 そのせいか、ちょっと考えれば簡単に粉飾と分かる決算書でも平気で無担保融資をすることがあります。 ぼくには一つの理念があった。 そして、テキストだと高齢者は文字が見難いし、使いこなすのも難しい。 無茶な金額ではなく、Voicelinkは1億人は使うと考えてる。

Next

『社長失格』(板倉 雄一郎/著)|要約書評

鈴木 今回は拙著の帯に推薦文をいただき、ありがとうございました。 個々のエピソードが、実に具体的で細かく描かれている。 彼らがそれぞれtwitterでそのルームを紹介すれば、リスナーはがっと増える。 vlvlv. 単なる一企業の興亡という話ではなく、ネット業界草創期の熱いエネルギーのようなものを感じられて、ワクワクしながら読み進めてしまった。 起業を志す人間が必ずといっていいほど読んでいる本書は当事者の生々しいまでの記録です。 』 (1999年、小学館)• これは当時の自己資本比率の引き上げなど複合的な原因だと思います。 当事者中の当事者だった「元社長」が倒産の理由を1冊にまとめたが、決して恨みつらみを述べただけの告白本ではない。

Next