亀田 和 毅 バルガス。 12年ぶりのリベンジ戦。亀田和毅は「レイー和」対決で勝利できるか?(三浦勝夫)

12年ぶりのリベンジ戦。亀田和毅は「レイー和」対決で勝利できるか?(三浦勝夫)

でもスタミナさえあれば勝てる。 世界王者だった。 12Rやりたいこと全てをやりきりました。 その後、WBC世界スーパーフライ級王者()に挑戦するため、メキシコでの開催を条件に佐藤陣営にオファーしたものの、協栄側は日本での開催を希望したため、交渉は決裂した。 大相撲 [6月24日 18:07]• 和毅ももっと前に出たいところだが、中に入ろうとするとバルガスがアッパーを見せてきた。

Next

和毅、“完敗”王座陥落「まあ、バルガスの方が強かった」/BOX

28歳)が対戦に合意した。 日刊スポーツ 2019年12月10日• 手数はバルガスも亀田は終始プレッシャーをかけ続けた。 2010年5月29日、メキシコ・で空位のバンタム級王座をハビエル・ロドリゲス(メキシコ)と争い、3-0(99-91、98-92が2者)の判定勝利で同王座を獲得した。 トレーニングはいつもハードだ。 でもそれをプレッシャーに思ったことはないです」 公式記者会見(2019. Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月2日• 和毅の再起宣言 試合の勝者には、挑戦者決定戦に勝利したギジェルモ・リゴンドー(キューバ)との対戦が義務付けられている。 だが、展開は変わらず。

Next

亀田和「倒して勝つ」=14日に王座統一戦-WBC・Sバンタム級:時事ドットコム

1,391ビュー• プロレス [6月21日 17:57]• MSN産経ニュース 2014年2月7日• 2,427ビュー• インファイトに限らず、距離感が中途半端な場合にはバルガス選手優勢となるのは間違いない。 。 めちゃくちゃ悔しかった。 この処分はジムオーナー、マネージャーへのものであり、選手には他のジムへ移籍する事で国内で活動する道が残された。 Boxing News(ボクシングニュース)2019年7月14日• レイ・バルガスとのフェースオフではベロを出して挑発(協栄ジム提供) WBC世界スーパーバンタム級王座統一戦前日計量のフェイスオフで関係者から引き離されるレイ・バルガス(左)と亀田和毅(協栄ジム提供). 2015年10月29日閲覧。 かつてはビセンテ・サルディバル、ルーベン・オリバレス、カルロス・サラテ、リカルド・ロペス、イスラエル・バスケス、マルコ・アントニオ・バレラらメキシコの伝説的な名チャンピオンたちがアマチュア時代に腕を磨き優勝した権威あるイベント。 高速道路を100キロで走るベンツのような余裕。

Next

12年ぶりのリベンジ戦。亀田和毅は「レイー和」対決で勝利できるか?(三浦勝夫)

2014年7月25日、エルナンデス陣営が亀田陣営との接触が出来ない為、亀田和毅とアレハンドロ・エルナンデスとの間で行われるWBO世界バンタム級王座統一戦の入札を行うよう要求された。 同所は16年の試合前にも合宿をし、勝利につなげた「縁起のいいところ」。 2017年3月10日、後楽園ホールでIBF世界スーパーバンタム級6位のマイク・タワッチャイと55. 23,753ビュー• だから、彼には抜き去りたい棘があるんだ」 「興味深い試合だ。 ・記載している情報はこの記事更新時のものなので、変更の可能性あり。 3月9日、にて長兄・興毅と対戦経験がある(インドネシア)と対戦し6回36秒KO勝ちを収めた。

Next

【世界戦】亀田和毅VSレイバルガスのTV放送・ネット中継予定!無料視聴方法は?

和毅選手はこの一戦に備えてメキシコからスパーリングパートナーを2人呼ぶなど準備に抜かりはない。 トークはリングの中で行う。 忘れないものですか? 「忘れないですね。 関連項目 [ ]• バルガスが、危なげない試合運びで、ペースを握りコントロールしていった。 試合が始まると、距離を取って戦うバルガス、前に出る和毅、という構図となった。 1,428ビュー• 2016年10月7日、へ移籍。

Next

亀田和毅が再起宣言「この敗戦を経験に再び世界王者になります」(木村悠)

」 2010年12月27日• 我々は亀田対マクドネルを統一戦とは認めることが出来ない。 WBO世界同級王者ダニエル・ジェイコブス 32=米国)… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. 11,346ビュー• 潔く負けを認めた。 1,193ビュー• 亀田3兄弟で引退した長男・興毅氏(14戦)、次男・大毅氏(8戦)と合わせ、節目の30戦目だったが勝利はならなかった。 4歳の時、の番組『』の撮影を受けたことがある。 ボクシング [6月26日 15:25]• 亀田和毅は2018年11月、レイ・バルガスの負傷により設けられた暫定王座決定戦でアビゲイル・メディナに勝利し、二階級制覇を果たしている。 WBC世界バンタム級シルバー王座(防衛0)• 時事通信 2014年7月29日• これが世界戦8試合目。 離れて戦うと、圧倒的バルガス優位。

Next