キリン ビール コロナ。 アサヒとキリン「自粛ダメージ」の決定的な差

コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由(ITmedia ビジネスオンライン)

そのために同社は海外での買収戦略に取り組んでいる。 landscape-tablet-and-above• 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 窮地に陥っている都内のバー経営者は、「お手上げ状態。 キリンホールディングスの横田乃里也・取締役常務執行役員(最高財務責任者)はロイターとのインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大で収益が見通しづらいことから、投資余力を評価し直す考えを示した。 アサヒは日本企業としては珍しく、マーケティング主導で業績を伸ばしてきた企業だが、逆にこれが同社の足かせとなっている。

Next

アサヒとキリン「自粛ダメージ」の決定的な差

医薬・健康事業の成長性などを織り込んだ長期経営構想「KV2027」については、「定期的なレビューはしているが、見直しのスイッチを押すタイミングではない」と述べた。 新型コロナの影響がコンビニ加盟店を直撃。 減税を機に家庭用ビール市場で新しい製品展開ができれば、巻き返しのチャンスは十分にある。 業務用市場が苦境に陥る一方、頼みの綱は家庭用市場である。 終息後も思い切って「オフィスを無くす」企業が続々と登場。 業務用に加えて家庭用も不調 Photo by Koyo Yamamoto 新型コロナウイルスの感染拡大で、ビールメーカーが苦境に陥っている。 それに加えキリンは米国でクラフトビール大手を買収するなど、高付加価値型の商品から低価格帯の量販品まで、幅広いブランドをそろえている。

Next

新型コロナ:キリンホールディングス、期限定めず出社上限3割に :日本経済新聞

6月末までとしていた方針を継続する。 先行き不安から低価格帯商品の選択傾向も強くみられ、「安くてもおいしい」、「安くても満足度の高い」商品へのニーズも高まっているという。 0 : 0• キリンビールは6月10日、「新ジャンル」、「糖質オフ・ゼロビール類」の5月販売数量が、前年比約1割増となったと発表した。 企業は守りの心理を過度に強め、成長のためにリスクをとることに慎重になってしまった。 だが、アサヒにとって今回の事態が八方ふさがりなのかというとそうとは限らない。 同社は今期(2020年12月期)、協和キリンの成長をプラス15%と見込んでいる。 アサヒビールの2019年販売数量の実績を見ると、ビール類のうちスーパードライなどのビールが62%を占める。

Next

新型コロナ:キリンホールディングス、期限定めず出社上限3割に :日本経済新聞

その上で、会社提案の取締役が選任されれば、独立社外取締役が過半数になるため、企業統治はより強固なものになるとした。 費用は3社で負担する。 在宅勤務をベースとする働き方を定着させる。 国内シェアトップのアサヒは、自社ブランドの競争力向上を重視しているとみられる。 中国では人の移動が大きく制限され、世界のサプライチェーンが混乱している。

Next

コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由 (1/3)

medium-browser-and-landscape-tablet• com/kazuma seki こうした厳しい生き残り戦略の結果、市場シェアの集計に関する見解の相違が鮮明化した。 この取り組みとコロナ禍のトレンドが合致し、5月の販売数量は「おいしさ」と「いいオフの世界感」で好評の「淡麗グリーンラベル」が約1割増、同社の糖質オフ・ゼロ系ビール類全体でも約1割増となった。 それは市場参加者などにとって大きな問題だ。 立て直しにはかなりの時間がかかるだろう。 キリンHDや傘下のキリンビール、キリンビバレッジなど国内のグループ社員1万人が対象となる。

Next

余ったビールを消毒用に アサヒとキリン、無償で提供へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

業務用ビールの販売が落ち込んでいるのは各社共通だが、ビール比率の高いアサヒの場合、業績への影響が大きくなってしまうのだ。 みずほ総研主席研究員、信州大学経済学部教授などを経て、2017年4月から現職。 medium-wide-browser-and-larger• それは、世界経済全体にとって無視できない下方リスクだ。 現在、アサヒは世界的なプレミアムビールメーカーになろうとしている。 だが、競合相手が哀れみの目を向けるのには理由がある。 業務用ビールの販売は、宴会自粛で居酒屋が経営不振に陥っていることから急激に減少しており、すぐにこの状況が改善するとは考えにくい。 加谷珪一(かや けいいち/経済評論家). バブル崩壊から30年程度が経過し、アサヒやキリンは成長の実現に向けて体制を整え、そのための戦略を実践している。

Next