つがる 市 アンテナ ショップ。 日本初のメロン専門工房「果房 メロンとロマン」東京・神楽坂に7月7日(日)グランドオープン|青森県つがる市のプレスリリース

つがる市のアンテナショップ「果房メロンとロマン」が神楽坂にオープン

生のメロンだけでなく、メロンシャーベットにメロンゼリー、そして、クリームもメロン味! とまさにメロン尽くしのパフェで、専門店ならではの贅沢な一品です。 今までにないメロン専門店として、メロンのブランディングを再構築し、新しい価値を創造することでメロンの未来をつくっていきたいと思います。 「5年間」の期間限定とのこと。 店舗の内観 メロンフレーバーウォーター 無料 ~ロゴマークのこだわり~ 店名にある果房(かぼう)とは「果物・果実の工房」からの造語であり、またロゴマークは丸ではなくあえて八角形にしたとのこと。 また「五感でメロンを体験する工房」として、視覚「オリジナルメロンink」/聴覚「ロマンを聴かせたメロン」/触覚「メロンを感じるコースター」/味覚「食べ比べメニュー『メロンテイスティング』」/嗅覚「フレーバーウォーター飲み比べ『メロンフレーバーテイスティング』」が体験できる、これまでにない新しい形のアンテナショップとなっています。

Next

[必見] 日本初のメロン専門店「果房 メロンとロマン」が東京神楽坂にOPEN! つがる市さん渾身の一撃をかます! 突撃レポート第一弾!!

あまり知られてないが、つがる市は全国有数のメロン産地なのだ。 特にお店からPRをしているわけではないにもかかわらず、「おかげさまで口コミで広まっているようです」と、人が人を呼ぶ状況を作り出しているから面白い。 ・嗅覚「フレーバーウォーター飲み比べ『メロンフレーバーテイスティング』」 無料で飲める、メロンフレーバーウォーターを1Fに設置。 9㎡ ・公式サイト: melon-roman. より多くの人にメロンの魅力を知ってもらいたいという思いから、五感に訴えかけるさまざまな試みが施されている。 ・聴覚「ロマンを聴かせたメロン」 クラシック音楽の巨匠のうちロマン派と呼ばれるショパン、シューマン、メンデルスゾーンといった作曲家の音楽を聴かせたメロンを使用します。 メロンをイメージした壁のタイル。

Next

日本初のメロン専門工房「果房 メロンとロマン」東京・神楽坂に7月7日(日)グランドオープン|青森県つがる市のプレスリリース

だとしても気になるのが、「つがる市 果房 メロンとロマン」という具合に、店名につがる市を入れることは考えなかったのか、ということ。 では参ります。 また「五感でメロンを体験する工房」として、視覚「オリジナルメロンink」/聴覚「ロマンを聴かせたメロン」/触覚「メロンを感じるコースター」/味覚「食べ比べメニュー『メロンテイスティング』」/嗅覚「フレーバーウォーター飲み比べ『メロンフレーバーテイスティング』」が体験できる、これまでにない新しい形のアンテナショップとなっています。 自治体職員• また、果肉入りのメロンジュレがのったプリンは、口溶けがよくメロンの香りが口いっぱいに広がり幸せな気分に。 また、長野オリンピックの開・閉会式プログラムや、愛知万博のプロモーションでは、深く日本文化に根ざしたデザインを実践した。

Next

青森県のアンテナショップはココ! 東京の銀座周辺・赤坂・飯田橋の店舗へのアクセス方法【2020年最新版】

・嗅覚「フレーバーウォーター飲み比べ『メロンフレーバーテイスティング』」 無料で飲める、メロンフレーバーウォーターを1Fに設置。 店内でお試しいただけます。 ということで今回は「 果房 メロンとロマン」こだわりつくされたその全貌を紹介!!といきたいところですが今日はその中からほんの一部をご紹介いたします。 青森の「美味しい」が揃ったお店ですよー! 赤坂の青森県アンテナショップ・アクセス方法と店舗情報 赤坂にある青森県アンテナショップは、「 AoMoLink(あおもりんく)」です。 【ふわふわムースのメロンかき氷】 メロンの果汁が入った氷を削り出した ふわふわかき氷の上に、更に100%果汁で作ったエスプーマ(泡)がたっぷり乗っている。

Next

[必見] 日本初のメロン専門店「果房 メロンとロマン」が東京神楽坂にOPEN! つがる市さん渾身の一撃をかます! 突撃レポート第一弾!!

うち7割をつがる市が作っています。 ほかに、より甘みの強い赤い果肉とさわやかな甘さの青い果肉の2種類を食べ比べることのできるメニューもおすすめ。 ・店舗面積: 1階51. 【ふわふわムースのメロンかき氷】 【贅沢メロンパフェ】 フルーツメニューの王道「メロンパフェ」には惜しみなくたっぷりと3層にフレッシュメロンを使用。 通年、メロンを食べることができ、美味しいメロン店があるという情報を際立たせるためには入れない方がいいかもしれない……協議に協議を重ね、つがる市というフレーズを出さないことに決めました」 なんという謙虚さ。 営業時間は午前11時半~午後5時半。 武蔵野美術大学教授。 ですが、りんごは弘前市など近隣の市町村に競合が多すぎるため埋もれてしまいます。

Next

青森県のアンテナショップはココ! 東京の銀座周辺・赤坂・飯田橋の店舗へのアクセス方法【2020年最新版】

驚きなのはその傾き具合。 「実はここってアンテナショップなんです」。 <交通広告(イメージ)> ・渋谷駅 ・四ツ谷駅 ・新宿駅 ・赤坂駅 ・浅草駅 <津軽弁 新聞広告> つがる市の「メロンとロマン」への想いを切にお伝えしたく、津軽弁での広告を掲出します。 自家製の生クリームと大きめにカットされた生メロンをレーズンパンにはさんだ1品。 季節によってはメロンそのものを販売するそうで、まさにとことんメロンづくしのショップといえる。 一方、メロンは青森県の生産量は全国5位。 メロンの専門店をうたうなら、変な言い方かもしれないですが、戸惑わせるような情報を与えることは逆効果なのではないかと考えました。

Next

神楽坂に青森県つがる市のアンテナショップ日本初のメロン工房「果房 メロンとロマン」オープン|あざとくま

調味料・グローサリーコーナー• 施設名 市町村 青森県五所川原市相内実取287-1058 青森県つがる市森田町床舞稚桜4-1 青森県五所川原市金木町芦野159-1 青森県五所川原市十三羽黒崎133-24 青森県北津軽郡鶴田町境里見158 青森県五所川原市寺町2-26 青森県北津軽郡中泊町大字小泊字下前271-1 青森県北津軽郡板柳町福野田実田92-1 青森県北津軽郡板柳町夕顔関長田1-1 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町本町246-4 青森県西津軽郡深浦町大字松神字下浜松33-1 青森県五所川原市金木町金木朝日山195-2 青森県つがる市稲垣町豊川宮川1-18 青森県北津軽郡板柳町大字福野田字本泉34-6 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字本町246-4 青森県北津軽郡中泊町大字八幡字日向334 青森県つがる市柏下古川花崎112-1 青森県西津軽郡深浦町風合瀬字上砂子川144-1 青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1 青森県つがる市豊富町屏風山1-273 青森県五所川原市福山字実吉73-6. 転勤や引っ越しなどで東京に移り住んでも、やっぱり 故郷の味は恋しくなるものですよね。 【ふわふわムースのメロンかき氷】 メロンの果汁が入った氷を削り出した ふわふわかき氷の上に、更に100%果汁で作ったエスプーマ(泡)がたっぷり乗っている。 その中で、「つがる市のアンテナショップがオープンしました」と、後発である我々が従来の方法で宣伝しても、振り向いてもらえないだろうと考えました。 「赤と青のメロンパフェ」(1890円)は、赤と青の生果だけでなく、クリーム、シャーベット、ゼリーのさまざまな状態のメロンが盛り込まれていて、なんとも贅沢。 詳しくは、「」のホームページをご覧ください。 個人的おすすめ度 <関連情報> あおもり北彩館のビルの3~4階は2010年6月まで、青森県職員の東京出張時の宿泊を主目的とした「」として使用されており、一般客も通常のホテルと同様に泊ることができましたが、残念ながら2010年6月までで終了してしまいました。 店内でお試しいただけます。

Next