伊達 輝 宗。 伊達晴宗

伊達晴宗

13年()、が仙台開府四百年祭の一事業として伊達交流サミットを開催し、伊達氏と関連を持つ23市町(仙台市除く)が参加した。 慶長19年(1614年)、政宗の庶長子・秀宗が、10万石を拝領。 戰國武將烈傳 伊達政宗(作)• 15年()にはがし・らに・・などを献じた。 輝宗が家督を継いだ頃は隠居した父・晴宗の影響力が続いており、これに加えて「天文の乱」の際に家中最大の実力者となった重臣・中野宗時(なかのむねとき)や牧野久仲(まきのひさなか)父子に実権を握られていたためです。 22歳で家督を相続した輝宗は、相馬氏との抗争による丸森の回復、織田家とよしみを通じるなど精力的に活動している。 (1992年、NTV、演:)• 献上物の数は当時としては随一のものであったと伝わる。 また、最期を悟った義継が輝宗を殺害したあとに割腹したという説、囚われの身になった輝宗が息子の覇道にキズがつくことを潔しとせずに「伊達の家名を汚すことなかれ」と叫び自ら命を絶ったという説もあり、正しい最期については定かではない (粟之巣の変事)。

Next

伊達輝宗とは (ダテテルムネとは) [単語記事]

( 日語 : )( ( 日語 : )作) 遊戲• この高等教育があったからこそ、のち伊達政宗の活躍があったと言っても過言ではないでしょう。 伊達政宗(講談社、 ( 日語 : )著)• 輝宗は、葦名盛隆が男色関係のもつれから家臣に殺害されると、生後わずか1ヶ月の盛隆の子の亀王丸の後見となり、自らは、懸案であった越後介入に専念するつもりであったという。 そんな中、1564年、伊達輝宗 20歳 は の妹・ 16歳 を正室に迎え、さらには父・伊達晴宗が隠居したことから、家督も継承します。 獨眼龍的野望 伊達政宗(1993年、ANB、演: ( 日語 : ))• 息子・政宗は輝宗と争った上杉景勝と講和を結ぶと、伊達・蘆名・最上氏共同での越後介入策を放棄。 一方で、の日記『』の13年()8月4日条には「タテ」、の日記『』4年()3月26日条には「タッテ」という表記が見える。 そんな中、への臣従を斡旋した二本松義継に拉致誘拐され、結局は義継共々命を落とすことになる。

Next

伊達輝宗とは~伊達家の行くすえを政宗に託した名君

また、処分の軽減にあたり、畠山義継が輝宗に依頼したともいう。 人物 [ ]• (となると、夏刈資福寺の、「儀山政宗夫妻の五輪塔」も、塔の数だけで言えば、儀山政宗夫妻でなく、須田伯耆・内馬場右衛門と考えても不自由ないような……。 例えばは「山蔭の裔とする事については、何等確実徴証あるなく、且つ世数長きに失す」と指摘し「平維幹(の子)の子為賢の末」説を挙げている。 野風之笛(1987年、NTV、演:)• 『伊佐早本系図』 伊達氏初代も常陸入道念西も宗村とし、2代を義広としている。 側室:勝女姬(多田吉廣女)• 給愛子最好的教育 [ ] 永祿十年(1567年)梵天丸出世後,輝宗相信愛子是萬海上人轉世,輝宗便將梵天丸取名為政宗 原本輝宗想將梵天丸取名為昭宗,拜領幕府第十五代將軍足利義昭的昭字 ,後來輝宗決定讓他以先祖伊達家第九代家督中興之祖之名 大膳大夫 ,亦稱伊達藤次郎政宗,可見輝宗對政宗抱有極大的期望,因此不惜重金禮聘從京都請來名僧為師傅,並命重臣小十郎及堂弟藤五郎二人是為其政宗時代的智謀與武勇伊達家第一重臣。 天文3年(1534年),是岩城氏迫於壓力接受相馬顕胤仲介久保姬與伊達晴宗間的婚事,但重隆之後違反約束又找了結城氏進行緣談相馬氏與岩城氏於木戸川進行合戰,最後談和的結果就是伊達氏與岩城氏和親誕生的長子成為岩城氏之嗣子為條件。 愛刀為黒坊切景秀、亘理來國光、鎺國行。

Next

【伊達輝宗の歴史】伊達家を建て直し壮絶な最期を遂げた伊達政宗の父・伊達輝宗とは?

この節伊達家照宗の御はか石塔は地に築入候由。 另一方面輝宗的正室 最上義姬常常多次在輝宗身邊吹枕邊風,想讓輝宗將家督一職讓予次男 伊達小次郎,其妻義姬害怕政宗智勇兼備是將來滅掉娘家最上家的人,輝宗見識到的前例。 登米伊達家(仙台藩一門) もとは。 関連城砦 [ ]• 明治時代に留守に復姓。 而繼任家督的政宗則與 講和,並放棄伊達、蘆名、最上共同介入越後的策略,於是蘆名家中開始增大對伊達家的不信任感。 大條實賴(越前守、薩摩守)• 「奥州信夫・伊達二郡略年代記」 安永2年(1773) 「古郷之忘形見」橋本邦男・(自費出版)・昭和59年 に収載• D地点南側縁辺部には、一字一石経塚がある。

Next

伊達輝宗とは (ダテテルムネとは) [単語記事]

(義山公)• ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。 政宗は9年()までに3度にわたり鎌倉府に反旗を翻している()。 (今福島縣若松市) - 天正17年(1589年)至天正18年(1590年)• () - の居城、藤原実宗(伊達氏の遠祖)が築城か。 7年嫡男・誕生。 そして政宗の家督相続の宴から、事件が始まります。

Next

輝宗の葬儀・埋葬・墓所に関するいろいろ

これに対して政宗は大内氏に対する討伐を命令。 1570年4月、伊達輝宗は、小梁川盛宗らを処罰して先代の勢力を排除し、謀反の疑いがあった中野宗時・牧野久仲の父子を追放すると、伊達晴宗を杉目城に閑居し、伊達輝宗が権力を掌握しています。 另外輝宗還處罰了沒有幫助自己的家臣、、等人。 翌年(1585年)春天,響應 的請求,以清顯向伊達、蘆名方服從為條件,伊達氏命令從田村氏之下獨立的小濱城城主 返回田村氏的支配下。 大内定綱は蘆名盛隆の未亡人(輝宗の妹 彦姫、亀王丸の母)にとりなしを求めたものの、5月に政宗は突如として蘆名領に侵攻を開始した (関柴合戦)。

Next