加賀 ヤンデレ ss。 【艦これ・榛名SS】提督「助けてくれ」

【加賀SS・艦これ】提督「金剛が大破しただって!?」

DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 』 [newpage] 提督『もう一段落ついたし、俺も寝るか。 第一航空戦隊の正規空母加賀だ。 」パキッポキッ 提督「え、なんで指鳴らs……グハッ」バキッ ガッシャーーン 加賀 やりました ゾクゾク 提督「」ピクピク 加賀「…提督…なんで殴られたか分かりますか?」 提督「…」フルフル 加賀「はぁ…情けない……声も出せないとは…」 加賀「まあいいです……殴った理由はですね〜」 加賀「提督が大好きだからです。 別に提督が私にどれだけの好意を持っているのかが知りたい訳ではなくあくまで皆さんが使う前に私が危険が無いか確かめるだけであって決して変な理由があるわけではないですので、では」ダッ 金剛「ちょっとマテ」ガシッ 加賀「な、何ですか? 肩の手を離してください」ギロ 金剛「独り占めはずるいネー! 最初は戦艦のワタシが使うデス!」 加賀「チッ」 翔鶴「お二人共落ち着いて下さい。

Next

ヤンデレな加賀さん。

提督『いや、良かった、いつもみたいに爆撃されるかと思ったぞ、』 瑞鶴『ムッ…また、爆撃されたいの... 』 加賀は提督にキスをした。 08 ID:mnepNzgr0 加賀「では次ですね……次が本番……」ブツブツ 翔鶴「大丈夫よ私、私はできる子……」ブツブツ 金剛「私が必ず最初デース……私が……」ブツブツ 足柄「くじ引きでくじを引く順番を決めるなんて、人が多いから大変ね」 瑞鶴「あの3人は他に比べて特に気合入り過ぎてる感じもするけど……」 足柄「提督の知らないとこでこんな事に」 瑞鶴「まさか本人も自分のことでこんなになるとは思ってないでしょうね」 足柄「あっ、始まるみたいね。 「……提督」 「なんだ?」 「私は、お役に立てているでしょうか」 「どうした急に」 口を開いたと思ったら、変な話題を出してきた。 こんな時間が未来永劫続けばいいのに、といつも思っているわ」 「なら、いいじゃないか」 「でもそれは私の感情だわ。 223• 375• 次回作で会いましょう。 しかし次第に、その顔が辛そうなものに変わっていく。 』 加賀『夜分遅くに失礼します。

Next

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

じゃあ一ついいか」 「何かしら。 体が……痺れる!……何か飲まされた... あっ提督、ゴミ、ついてますよ?』 提督『え、どこだ?』 加賀『私がとってあげるわ。 17 ID:mnepNzgr0 数分前執務室 カチャ スッ 提督「……」カキカキ 提督「……」カキカキ 提督「……」カキカキ 提督「……ふぅ、ん、あ゛ー」コシノバシ 大井「……」 提督「っひぉ……!? net 提督「君が瑞鶴か。 そしてあまりいい出来ではないのですが読んでくださってありがとうございます。 少し時間を置いてから、加賀は再び動き出した。 カッコカリ用の物だが、これを受け取って欲しい。

Next

#10 加賀(提督からの贈り物…気分が高揚します)

』 そう言うと加賀は提督に近寄った。 」 瑞鶴「え!?」 翔鶴「どう言うことですか赤城さん?」 赤城「この前加賀さんとそのような如何わしい行為をしていました…しかも無理矢理……見損ないました。 53 ID:hJAO34eMo 加賀「私が提督LOVEで何が悪いんですか!!」 クワッ 提督「別に悪いとは言ってないです」. 提督の負担になってしまったかしら」 「いいや、なってないさ。 向こうがそう思ってくれるようになるまで、俺はわがままを言わない。 』 END[newpage] 投稿遅れて申し訳ありませんでした。

Next

[B!] 翔鶴「提督……あの、ご相談が」 : あやめ速報

」 加賀「でもだからこそ虐めたくなってきてしまう…実際身長も私より低いしか弱い人間…」 加賀「もしそんな彼を思いっきり殴ったらどうなるかしら…」 加賀「殴り返してくるのか…それとも泣くのか……」 加賀「そしてもし逃げるようなら椅子に括り付けて動けなくしてから殴ってあげようかしら……それとも抵抗するのを無理やり殴ろうかしら…」 加賀「ふふっ…今から楽しみね。 息抜きは大事だわ。 」 加賀「まあとりあえず仕事内容を見てみましょう。 下手すると10もいかないんじゃない?」 瑞鶴「ありえる……」 金剛「あんな性悪女は0以下デス」 翔鶴「ふふ、私以外は皆さん0ですよ」ニコニコ 夕張「勝者が居なくなった途端に……」 瑞鶴「サラッと全員に飛び火したよね」 夕張「もし高かった時の結果が怖い。 『関連タグ』で私を楽しませろ…ふふふ… 関連記事 親記事. 加賀『頭にきました。

Next

【艦これ】加賀「私が提督LOVEだという風潮」 提督「はぁ」

司令官「いや、今回の基地建設のことだ、卯月も一緒に考えるか?」 卯月「うーちゃんは忙しいから無理だぴょん!」スタコラー 提督「いやーうーちゃんはカワイイな。 私も混ぜていただけると嬉しいです」 提督 「」 明石 「聞いて下さいよー提督が翔鶴さんのことをヤンデレだって言うんですよ?」 翔鶴「へえ・・・」 提督 「い、いや違うんだ翔鶴。 じゃあまた明日!』 瑞鶴はとても嬉しそうな顔で執務室を出ると部屋に戻っていった、 しかし、執務室の外の影に気づかなかったのが今回の始まりだっただろう。 戦艦として設計され建造されたが、正規空母に生まれ変わったのも運命だろう。 ……っ」 加賀「見えない方が良いでしょ?」 加賀「じゃあ今日は鎮守府の散歩に行きましょうか。 提督を困らせているのではないか、と」 「どうして」 「私はあまり口が達者ではないわ。

Next

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

とてもじゃないが冗談には聞こえなかった。 第8話で救出されるが、赤城の救出を中断して撤収しようとするに反発する。 』 時計の針は既に12時を回っており、提督が執務室と繋がっている自室に戻ろうと席をたった途端 コンコン ドアを叩く音がした。 」ゾクゾク 提督「ひぃっ…」 加賀「とりあえず目隠しと首輪をつけましょうか…」シュル カチャ 提督「!? 」 提督「うぅ……」ガチャガチャ 瑞鶴「あ、動けないように拘束したから。 」 加賀「私の中に彼の唾液を入れて…彼の中に私の唾液をいれて…」 加賀「さすがに気分が高揚します。 提督の負担になりたくないの。 503• ただしこのセリフの冒頭には「……」とついており、ボイスでも小さく唸っているのが聞ける辺り多少困惑していることがうかがえる。

Next