行政書士 勉強 ポイント。 【行政書士】難易度は?独学勉強方法と狙い目ポイント

【おすすめ勉強法】【勉強方法】現役行政書士受験生にお会いして分かったさらに効率良く学ぶ4つのポイント

過去問を解くことで、どの程度の内容を理解したのかを判断できるからです。 会社法:16点• の詳細については、下記の記事を参考にしてください。 まずポイントをまとめて置くと、頭の整理ができて今後の計画も立てやすくなっていきます。 もちろんあなたの理解度によって必要になる時間・期間は変わってきますので、あくまで参考として頭の片隅においてください。 またこの時期は読むだけではなく、 過去問を使って勉強するのも効率的です。 例えば、 「通信講座を2倍速で受講する」「歩きながら講義を聴いて勉強する」 通信講座はだいたい200時間~300時間のボリュームです。

Next

行政書士試験の独学のポイント

これくらいのスケジュールで独学合格を目指す場合、空き時間で上手く勉強するスキルが必須になってきます。 唯一、ラッキーだったのが通信講座ユーキャンがYouTubeで記述式の予想を配信していて試験前に見ていたら本試験に同じ問題が出たぐらいです。 過失責任の原則 契約自由の原則・・・契約などの法律行為は個人の意思により、原則として自由に内容を決められる。 ただし全ての人が、進捗通りに勉強できるとは限りません。 全くの初心者でも憲法が理解できる、入門者向けの内容になっています。 問題8~26 行政法• 試験まで3か月 3か月ってことは願書を出す時期に勉強を始めるってことですね。 しかし1,000項目以上と言われる民法の条文を試験までの1年弱で覚えることは不可能に近いです。

Next

合格して初めてわかった行政書士試験の勉強法|合格体験記|行政書士試験|東京法経学院

契約法・・・契約に関する法律 身分法・・・身分関係に関する法律 契約法と身分法をさらに細かく分けると以下の通りになります。 これらは普段の生活では意識していない項目が多いので、 その用語の意味がわからず初心者は苦戦します。 以下では民法の条文を正しく理解するために、要点の押さえ方や意識してチェックするべきポイントを見ていきましょう。 こんな勉強していたら絶対に受かりません。 しかし,想像した以上に行政法と一般知識に手こずり,記述式問題の採点もしてもらえずに,1回目の試験は不合格となりました。

Next

【行政書士】難易度は?独学勉強方法と狙い目ポイント

出題形式としては、5肢択一式が54問、穴埋め問題が3問、記述式問題が3問の構成になっています。 配点は五肢択一式が1問4点の計36点、記述式が1問20点の計40点です。 各項目の点数も載せておきます。 なので、空き時間での勉強で行政書士に合格したかったら 「スマホ・タブレットでできることが大前提」です。 まずはうかる!シリーズを勉強して、9割以上取れるまで復習してください。

Next

行政書士試験対策!重要 マイナポイントとは?

独学での合格のポイントは、段階を踏んで勉強をすることになります。 ア TPP協定は、日本、アメリカ、韓国などの環太平洋経済圏12か国によって自由貿易圏を構築することを目指すものである。 しかし、1か月もすれば苦手意識は薄れていきます。 つまり、民法と行政法の勉強時間を増やさなければ、行政書士に合格できないと言う事になります。 試験直前期の答練で出題されやすい問題を押さえる• あと、 マークシートの順番ミス絶対にしてはダメです。

Next

【おすすめ勉強法】【勉強方法】現役行政書士受験生にお会いして分かったさらに効率良く学ぶ4つのポイント

代表的なものとして• 3問中2問は正答する必要があります。 契約自由の原則• この科目には初学者を悩ます鬼門があります。 逆に長期間しっかりと勉強すれば、誰にでも取得できる資格と言えます。 ただ、確実に近いうちには出題されるでしょう。 300点満点で180点取れれば必ず 合格 です。 フルカラーで読みやすいテキストや参考書を使って学習する(フルカラーの方が記憶に残りやすい) 民法の範囲は膨大ですので、全て完璧に勉強するには時間がいくらあっても足りません。

Next