総武 線 路線 図。 総武線の路線図、時刻表、運賃・料金・定期、お役立ちアプリなど

【総武本線・成田線・鹿島線】の「路線図・時刻表・運行状況(遅延)」と「料金(運賃)・定期」

しばらく進むとに入り、快速線の上下線の間に車両基地・が広がる。 (昭和59年):小名木川駅 - 越中島駅(現在の越中島貨物駅)間の運転方式が入換方式に変更。 この区間は全駅内に所在 駅番号 駅名 駅間 営業キロ 東京 からの 営業キロ 快速 通勤快速 接続路線 線路 所在地 JO 28 - 39. :両国橋駅(現在の両国)- 本所駅間が延伸開業。 乗換路線 乗換路線はありません• 総武本線はこの先終点の銚子駅まで単線となる。 この節のが望まれています。

Next

JR総武本線の駅一覧・路線図・お出かけ情報

:猿田駅が開業。 4 (支線含む)• 沿線は田園地帯が続き、手前では線路の方向が東向きに変わる。 小岩駅 0. :平井駅 - 小岩駅間に新小岩信号場が開業。 3 km• 車両展示のほか各種体験イベントが充実しており、飲食や鉄道グッズの販売もあり親子で楽しめる。 同年12月9日にはを越えて本所(現在の錦糸町)に達した。 総武本線は同駅構内からほぼ90度左にカーブし、まではとなって北東へ進む。 4 km• また、翌年3月中に工事を完成させ、4月1日から運転を開始するとした。

Next

【総武本線・成田線・鹿島線】の「路線図・時刻表・運行状況(遅延)」と「料金(運賃)・定期」

新小岩信号場駅 - 越中島貨物駅間を除き 1500 V• 乗換路線 乗換路線はありません• 2つ以上の旅客鉄道会社にまたがって利用する場合は通しで計算し、この場合は「基準額」のほかに「加算額」が発生することがあります。 JRの駅と京成の駅が同一構内にある例は数少ない。 5月1日:本所駅が錦糸町駅に改称。 :東千葉駅が開業。 日中の1時間毎の運行本数をまとめると、以下のとおりになる(2020年3月14日改正時点)。 ここまで沿線は住宅地が続いたが、四街道駅を過ぎると沿線は一変して田畑が広がるようになる。

Next

中央線・総武線各駅停車 JR 路線図

このような状況で(昭和62年)のを迎え、総武本線は施設保有と旅客輸送がJR東日本、貨物輸送がJR貨物へ承継された。 (幕張車両センター所属)• :亀戸駅が開業。 yahoo. 総武線を利用する時に路線図情報や時刻表、運賃・料金、定期料金などを確認したいという時にカンタンかつすばやく調べられるとストレスなくいいですよね。 なお将来的な設置実施に伴い、実施予定のダイヤ改正 から、中央線は東京駅発着の各駅停車の運行を廃止して快速・特別快速などの速達列車のみを終日運転することになり、これに付随して、中央総武緩行線は早朝・深夜における御茶ノ水駅折り返しおよび武蔵小金井方面直通を廃止し、全列車を千葉駅 - 御茶ノ水駅経由 - 三鷹駅までの相互直通運転のみとする。 東京駅 - 錦糸町駅間 4. アプリが持っている便利な機能としては、乗換経路に加えて関係する駅や路線に関する情報もスムーズに見られる機能などがあります。 快速・通勤快速列車は佐倉駅から先の直通成田駅・成田空港駅発着列車と佐倉駅発着の列車がほとんど で、佐倉駅を越えて当線を走行する列車は、朝の成東発の快速上り1本と、夜間の成田空港・成東行きとその折り返し(佐倉駅 - 成東駅間は普通列車)のみである。 ()を跨ぎ、海側から緩行線の車両基地・旧からの引込線が合流すると快速停車駅のに至る。

Next

総武本線

:船橋駅 - 津田沼駅間が複線化。 (鎌倉車両センター所属)• 方面のの鉄道路線は、(昭和28年)に「気動車化モデル線区」に選定されが集中投入され てある程度の近代化が進展していたが、電化の進展は(昭和43年)までは総武本線の御茶ノ水駅 - 千葉駅までに過ぎず、他の路線は非電化の状況であった。 (平成12年):小名木川駅が廃止。 3 86. 10月1日:東船橋駅・幕張本郷駅が開業。 また、この列車はの元祖といえるもので、このアイデアは1984年の東北本線の「ホームライナー大宮」で復活している。 各駅ごとの「 時刻表」と「 構内図」を確認される際は、「時刻表・運行状況 遅延 」 一覧と、「停車駅 構内図 乗り場 」 一覧のそれぞれの停車駅名をクリックすると各ページを閲覧可能です。 この時の出願では、利根運河との競合を避けるとともにの支持が得られるように・・等の軍営所在地を通る以下のルートを採用し、その使命に「軍事輸送と政府開墾地への輸送」を掲げていた。

Next

東中野駅(JR中央・総武線各駅停車 三鷹・中野方面)の時刻表

錦糸町駅 - 千葉駅間 34. ・ - 新宿駅 - 千葉駅…朝(松本・南小谷方面行き、富士回遊と)・夜(千葉方面行き)のみ運転• 同駅には緩行線ホームのほかに、快速線に繋がっている列車ホームがあるが、現在は定期列車では使用されていない。 (平成21年)• 「選手(優勝者)が走るのと変わらないスロー運転」や「中央線快速停車駅騒動に懲りた国鉄が、快速停車駅の既成事実化のために運転した」という声がファンや利用客の間から聞かれた。 貨物支線 [ ]• 計画案においては、運転時間は約20分で、平常時は2両運転・ラッシュアワーは4両運転とし、いずれも4分おきでの運転とした。 4月1日:国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道に承継。 :両国駅 - 市川駅間が電化。 錦糸町駅 - 亀戸駅間が複々線化。

Next

総武線の路線図、時刻表、運賃・料金・定期、お役立ちアプリなど

運行形態 [ ] 優等列車 [ ] 総武本線を走行するは下記のが運転されている。 そのため、新たに発足した(国鉄)は1964年(昭和39年)に決定したの重要な一部として総武本線の輸送力増強に着手した。 また、当初は貨物線で計画していたを旅客営業兼用に転換し、国鉄末期の1986年(昭和61年)の第1期区間開業に続いて1990年(2年)に東京駅乗り入れを実現させた。 使用車両 [ ] 総武緩行線の車両については「」を、成田線・鹿島線直通列車については「」を参照 現在の使用車両 [ ] すべてで運転されている。 東京駅・御茶ノ水駅 - 千葉駅間 [ ] 側の起点であるでは、地上駅より丸の内側にある完成の総武地下ホームに発着し、同駅以南の(地下線)線路との直通が可能な構造になっている。

Next

JR総武本線(東京

このうち - 千葉駅間は、の電車が走行すると、や特急列車が走行するが並行するとなっている。 なお、千葉駅 - 佐倉駅間および松岸駅 - 銚子駅間は、成田線内、佐原駅・香取駅経由鹿島神宮駅発着あるいは佐倉駅 - 松岸駅間で成田線を経由 する列車も乗り入れている。 同駅を過ぎるとの西側を過ぎて 千葉市からに移り、緩やかに右にカーブしたところにがある。 乗換路線 乗換路線はありません•。 :平井駅 - 小岩間駅、市川駅 - 船橋駅間、稲毛駅 - 千葉駅間が複線化。 線形、平行・交差する鉄道・道路、周辺の建造物についての出典: 地図および航空写真(2012年1月)• (昭和10年)• 両国橋駅を利用する旅客はすでに開業していた(のちの)に乗り継いだ。

Next