種苗 法 改正 案。 【種苗法改正 先送りに農家怒り】種苗法改正案継続審議に怒りの声 新品種盗難続発で九州の農家「制度に穴」

種苗法改正案、今国会の成立見送り。柴咲コウさんのツイートがトレンド入りし注目集める。問題点は?

わかりやすくする為に「きゅうり」を「1」品目(作物)として、その品種数を「500」とする。 ・ ・ ・ タレントの種苗法改正案に対する意見 2020年5月1日 柴咲コウさんも 種苗法改正反対を示されました。 UPOV91では、保護対象植物の拡大、育成者権の強化等され、その後の各国の農業・農民に大きな影響を与えることになった。 ・ ・ ・• 種や苗を毎回買わなければならなくなり、経済的負担が増す心配もある。 やはり 担当のかたも そのとおりです。 あたしなんかより、はるかにSNSの使い手である、東京で農薬・化学肥料不使用で農家を営む父本人がtweetすればよいと思うのですが、「政治絡みの発言は色々あって難しいから」とのことで、あたしが代わりにUPします。 許諾制についてはこんな声も 「日本の種子を守る会」は、改正案に記載されている「許諾制」について要請を行いました。

Next

種苗法の改正案、悪くなかった!?

。 そのまま 育種利権者が同じである 保証はありません。 遺伝子組換えについては、「カルタヘナ法」、「食品安全表示法」及び「食品衛生法」に基づいて、農薬については「農薬取締法」に基づいて、適切な規制が別途行われており、種苗法の改正とは関係ありません。 その後、 いろいろな意見を頂いたのですが、 個別にお返しすることは とてもできなかったので 要点をまとめました。 江藤農相は19日、種苗法改正法案の慎重審議を求める声に応える形で「許諾が必要なのは登録品種のみで、例えばコメの品種の84%は制限のない一般品種だ。

Next

種苗法の改正案、悪くなかった!?

つまり、どこかの民間種苗会社が独り勝ちすることなど考えられない。 だから「普通に野菜買ってくれれば十分ですよ!それだけで十分皆さんは農家を支えてくれていますよ!」だそうです。 国や地方自治体が行ってきた公的種苗事業の「民営化」につながる(公的資産の大企業による私物化) 6. そんな農家を守る視点が、知的財産を守る視点と共に必要ではないか。 UPOV条約・加盟国、農林水産省2019 やや難解なのだが、大川氏によると「UPOV91では、育成者の権利強化を行いつつも自家増殖を認めるかどうかは各国の裁量に任せる」としており、「日本の種苗法においては、原則として農家の自家増殖を認めて、例外的に、自家増殖できない植物のリストを定めて」いるという点だ。 例えば、このこと以外にも世界のバイエル-モンサント、デュポン、シンジェンタの3つの多国籍企業は、農家の自家増殖ができない品種を開発したり、アメリカでは家庭菜園法を導入して自宅に庭で野菜を作ることを法律で禁止しようとしたり、農産物の一極支配はここ数十年で徐々に進行しています。 年明けから気温が高く、成育が早まり生産が増えているのに、鍋需要などの消費が伸び悩んでいるからです。

Next

種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

ほうれん草やニンジンなどを 「種や苗」から 勝手に増やした場合、 罰金1000万円となります。 この法律が施行されたのが2017年、そしてまずは2018年4月の種子法廃止へとつながっていきます。 なので それほど強く反対するつもりはありません。 。 「 各国では通称『反モンサント法』ができるなど、農家たちが権利を求めて立ち上がっています。

Next

種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

農家が収穫した作物から種取りなどをして次の栽培につなげる「自家増殖」を制限する内容を含んでいるからである。 人はそこまで馬鹿ではない。 そういう農家は世の中の為に、とっとと離農した方がよい。 言ってみれば 作った人の権利を守ってくれる特許でしょ。 同会議では、和牛の精液などの不正流通を防ぐための新法・家畜遺伝資源の不正競争防止法案と家畜改良増殖法改正案の条文も了承した。 「和牛」や「シャインマスカット(ぶどう)」、「とちおとめ(いちご)」などの流出問題で明らかになった通り。

Next

種苗法改正案、今国会成立を断念で柴咲コウのツイートが炎上のわけ

柴咲コウさんは 平成30年7月に 環境省から 環境特別広報大使に任命されています。 なお農家が自家増殖した後の海外への持ち出しは現行法でも違法です。 ただ、「登録品種」の自家採種はそもそも難しい。 なぜなら 改正案の 「自家栽培の制限」は どう考えても おかしいからです。 バイエル-モンサント 世界一有名なバイオ企業のモンサントを2018年に製薬メーカーのバイエルが買収 、デュポン、シンジェンタの3つの多国籍企業が、種子でも農薬でも世界シェアの50%以上を占めている。 と感じました。

Next