アンネ ナプキン 広告。 生理用品のコマーシャルで使われる月経血は「ブルー」のままでよい

生理用品のコマーシャルで使われる月経血は「ブルー」のままでよい

と私は映画鑑賞後1週間、ずっとパッドマンの映画批評を追っていた。 昭和14年(1939)9月1日発行 主婦之友より ところで、 一括りに生理用品と言いますが月経帯だけでは生理処置はできません。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第二部 京葉工業地帯』(表紙・挿絵)徳間書店 アンネ社の広告(抜粋) [ ] 二重鉤括弧は広告のキャッチコピー、大塚はイラストを担当。 11月、水洗トイレに流せる「アンネナプキン」を発売。 試作品ができると、新聞紙上で募ったモニターの女性たちに試してもらい、聞き取りを行いました。 1933(昭和8)年の主婦之友6月号の付録で 女性のための健康情報を網羅した『婦人衛生宝典』では、 「いわゆる「通経剤」は謎」の中で通経剤を否定しています。 (ところで西洋では、 アダムとイブはりんごを食べて、知恵を得て、性を恥ずかしいということを知ったという。

Next

アンネ (企業)

」 同21ページ. 誰かが歴史系の考察を書いてくれるだろう、と期待して。 可愛らしいパッケージに包まれている。 少し前までは医師が安い布で作って使い捨てにしてもよいと言っていたのですが。 (平成5年) - ライオンへ吸収合併される。 指でつまみあげている細かいシワのよったものがそれです。 生理って汗をかくことと同じような人間の生理現象なのに なぜ、私はラクシュミのやり方を受け入れられなかったのか。

Next

大塚清六

50-54. 宗教観・価値観を超えた愛である。 今は、鎮痛薬だけでなく、低用量ピルによって生理痛をコントロールするようになっています。 坂井さんは結婚後、発明家と企業の仲介をする「発明サービスセンター」という会社を立ち上げたのですが、そこに、使用済みの脱脂綿が水洗トイレに詰まらないよう排水口に網を張るという考案が寄せられました。 大藪春彦『崩潰』(参考文献の項を参照)• それは、月経に対する特別視を払拭し、偏った女性観を解消しようとする立場にとっては、マイナスでしかない。 そのような状況のもと 「2、3ヶ月の滞り、又は長くつきやくなく、血のかたまりなど」を「快治す」る とか、 4、5ヶ月生理が止まっていても効果があるとした薬で、しかも それが密かに入手できるとあれば中絶の効果を期待して 試みる人もいたのでしょう。 この建物は竣工当時から雑誌などで紹介され、大塚のライフスタイルも一般に知られることとなった。 トークイベント終了後、ショップで商品を手に取りながら、販売員さんたちと語らう女性たちの姿を見た私は、今から58年前の11月11日に、やはり大阪の百貨店に「新しい生理用品」を求めてやってきた女性たちの姿を思い浮かべました。

Next

大塚清六

そこに至るには、生理に対するタブー視という厚い壁を壊した人たちの努力があったのです。 」 「何となれば、月経中の婦人に接近する男の知力、威力、体力、視力、寿命は減退する。 なお、大塚の画集やイラスト集などの作品集は2018年現在も刊行されていないが、大塚が描いたアンネ社の広告イラストの一部は社会学者の著書「生理用品の社会史」(および)に掲載されている。 世界を回るバックパッカーたちは 「日本の生理用品が一番いい」とも言う。 生理の悩みを抱える人にとっては、きちんと来ないことこそが禍です。

Next

日本の生理用品にも歴史あり!昔の女性は「生理の日」どうしていたの?

1969年• 著書に『月経と犯罪 女性犯罪論の真偽を問う』(批評社)、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『「毒婦」 和歌山カレー事件20年目の真実』(ビジネス社)、『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)など。 以後、「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「マドモアゼル」「美しい十代」「」「中1コース」などの男性誌・女性誌・学習誌などにイラストを描いた。 とにかく薄くて吸収力が高いんだな、ということがわかるし、何より爽快である。 ちょっとした歴史探訪のようで面白いですね。 そう、パリーは女神なのだ。 普段の生活用品よりずっとたくさん使うナプキン。 「殺し屋」(挿絵)面白倶楽部(光文社)• 内装も大塚が最も好きな色だとする白で統一し、家具は造り着けの棚のみでテーブルや椅子類も置かず、食器の数も必要最小限にとどめた。

Next

下着を着けなかった江戸時代の女性。生理になったときの驚きの処理方法とは(2)

当時はまだ梅田店はありませんから別の店舗ですが、大丸はアンネナプキンの発売時にも積極的に関わったことがうかがえます。 アンネ誕生の約50年前(現在から100年前)、月経帯時代初期はこのような月経帯でした。 『ドライブにもパーティにも音楽会にも映画にも-ぜんぶ行きたい』• 1968年• 坂井さんはキンバリー・クラーク社製の「コーテックス」を使っていましたが、サイズが大きくて、「わらじのようだった」そうです。 アンネ社の首脳陣の心の琴線にふれたものはなにか・・・・。 出典: 彼女は疑いもせず「生理中」は自分自身が汚らわしい存在であると思っている。 ラクシュミに「もっと繊細に扱ってほしい」と思うのは、私が生理をタブーと意識しているからだ。

Next