ダイヤモンド ブリザード 対策。 【デュエプレ】公式がブリザードを調査していると言及したことに対する一考察

【デュエプレ】徹底解説 青緑ブリザード編【デッキ解説】

妖精ときくと、「コティングリー妖精事件」を連想するのは俺っちだけでしょうか^ー^ 引用元: 相手の盾を殴るときは気をつけてください。 この2種類のカードを盾に従来のアストラル・リーフ赤青速攻をベースに攻めていく。 みんな馬鹿みたいにダイヤモンドブリザード使ってるし、ブリザード対策が出回るのも時間の問題。 光メタ を採用する場合の踏み倒し先候補。 理想は、ポレゴン、サエポヨ、メリッサが4枚ずつでマルルが2枚ですね。 《ダイヤモンド・ブリザード》の存在故に全体やをあまり恐れずを展開することが出来る。

Next

【デュエプレ】あまりにも強い事が話題となり、《ダイヤモンド・ブリザード》がトレンド入り リアル版と異なりマナ追加能力アリ、しかも追加されたマナはそのまま使用可能|デネブログ デュエマの速報・環境

TCG版と比較して、かなりハイスペックな。 プレイング [ ] マナゾーンに置いたはで回収可能かつ、回収後もマナは減らないため積極的に置くことが望ましい。 ただし今回の記事に限っては、筆者がプラチナ帯を突破した際のデータに基づいて執筆しております。 闇文明を投入した事により更に除去性能、デッキパワー、妨害性能を上げダイヤモンド・ブ以外にも対処できるようになった。 またグライスの他にも《鎮圧の使徒サリエス》や《電脳聖者タージマル》、そしてそれらのパワーを上げる《光器ペトローバ》、盾を回復する《電脳聖者エストール》など、プレイされて嫌なカードしかありません。 — いっぽ Jfecm81T 今の環境だと流星弾よりテンペスト4枚積みだな。

Next

【デュエプレ】徹底解説 青緑ブリザード編【デッキ解説】

ただし《緑神龍アーク・デラセルナ》が入ってる場合は殴り返し等からデラセルナを守ってくれます。 以下、山手線ゲームの様子である。 0環境において [ ] 登場以降、短期間でをに染め上げた。 そうでなくともピカリエやゾルヴェールなどのブロッカー、そして大敵《聖天使グライス・メジキューラ》を退けるという大きな役割があります。 (徹底解説系は必然的に環境が固まらないと書きにくいので、この辺りはご容赦いただきたく思います) さて、少々話は逸れましたが、今回は 氷雪系最強の呼び声も高い【青緑ブリザード】の解説になります。 もちろんこれは直にブリザードを当てる可能性や、他のレアリティのカードを砕くことを一切考慮していない数字ではあるのだが、極めて高いというイメージは共有できた筈だ。

Next

《ダイヤモンド・ブリザード》

「ペトローパ」がいれば、相手のクリーチャーを一方的に掃除するのも可能。 弱体化による影響 [ ] 黒緑型と同じく墓地肥やしが《ブリザード》には何も意味を成さなくなった。 3に関しては、もう少し別な観点を含んでいる。 相手がリソースなくなったところで《スパイラル・スライダー》などでブロッカーを退けて、総攻撃を掛ける 前者はクワキリが引けていると可能なプランです。 前者であればより競技的な(つまりマスター以上の高ランク帯)の情報をメインに調査をせねばならないだろうし、後者であればある程度下のランクも含めて調査を行うことになるだろう。 ところでこのシリーズの開始は、ブリザードナーフの影響で予定が結構後ろ倒しになってしまいました。 これによりスノーフェアリーに殴られる前に殴るデッキとなっているのが今回のデッキコンセプトである。

Next

【デュエプレ】ダイヤモンド・ブリザード徹底対策!スノーフェアリーメタの赤青デッキの紹介

《バースト・ショット》だけでなく、ラス盾《ボルカニック・アロー》のケアにも使えます。 1トリガーしたらそこでストップする、といった考え方も必要になります。 クック・ポロン スノーフェアリーに攻撃されないクリーチャー。 序盤から最低限の性能をもちつつ、中盤以降は爆発的な展開力を誇り、終盤はが溢れんばかりの大量と大量を行う非常に強力なになっていく。 2コストのモンスターを多めに採用しているのは理由があります。 マスター帯では非ブリザードデッキも多く、またオンライン大会などではブリザード以外のデッキが結果を残していること• ある程度月日を経て上でなら納得も出来るが、わずか一週間でなると減価償却出来たとは言えないだろう。

Next

【ダイヤモンド・ブリザード】(デュエル・マスターズ プレイス)

対面のプランについて VS 4cボルバルコン キーカード:《愛嬌妖精サエポヨ》、《スパイラル・スライダー》 相性: 有利 有利な対面です(そもそも白抜き4cがアグロ系のデッキが少ないことを前提に成立している節があるため)。 エマージェンシー・タイフーン等の水文明の力でデッキの回転率を上げ、ビートの安定性を上げている。 言わずとも隠し切れないコウメ太夫感 — 龍覇グレンモルト(デネブログの中の人) airachaaaaaan. 手札補充についてはへの依存度が高く、でを失ったり、などによりが1体もない状態に陥れば手札が枯渇しやすい。 などで失ったを一気に取り戻すことができ、上手くを組めば途切れない連続を仕掛けることが可能に。 《ダイヤモンド・ブリザード》を前提として環境を構築していた場合、ブリザードのナーフによって他のカード(具体的に言えば《無双竜機ボルバルザーク》)が強くなりすぎる事態にならないかということ 1については「時期尚早」という観点である。 Twitterのフォローもお待ちしておりますね! 【Twitter】. 2020. 青抜き4cボルバルザーク リース 白赤緑 ボルバルザークに闇文明をタッチしたボルバルザーク。 もちろんナーフ前の環境トップクラスからはだいぶ弱体化することにはなるでしょう。

Next