デュエル マスターズ プレイス 最強。 デュエル・マスターズ プレイス 第3弾 「 英雄の時空 ETERNAL RISING 」環境のダイヤモンド・ブリザードのまとめ。

【デュエマプレイス】青黒ハンデス(アクアンブラック)の最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

TCG版の能力は以下の通りだ。 追加された多色カードは優秀なイニシエート2種に加えフィニッシャーのと、大幅に強化されました。 いままで戦っていた「ラ・ウラ・ギガ」や「アクア・ガード」などの上に 進化クリーチャーとなる『ラディア・バーレ』や『クリスタル・ジャベリン』などを重ね、 とどめを刺しに行きましょう。 5 - 9. デュエマを代表するコントロールデッキ。 5 — 9. この弱点をパック(新カード)で解決 さてここからは、 プレイヤー様が引いたカードによって、弱点の補い方。

Next

【デュエマプレイス】青黒ハンデス(アクアンブラック)の最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

ファントム・バイツ• このデッキは6・7のカードを合計11枚投入しているので、終盤までWブレイカーのカードを引けないということはないと思います。 デュエプレでは W ダブル ・ブレイカー能力を持ち、プレイヤーへの攻撃が可能となった。 ふたつ牙がデッキの要となっており、スピードアタッカーと共に倒し切りましょう。 収録セット [ ]• 5 - 7. 当時のブリザードマスターズで意識すべきプレイングは2つほど挙げられます。 襲撃者エグゼドライブ• TCG版では「 聖拳編 エターナル・アームズ 第2弾 無限軍団の飛翔 エターナル・ウェーブ 」に収録された《略奪秘宝ジャギラ》! ウェーブストライカー能力で相手の手札をランダムに3枚捨てさせることができる。

Next

【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエルマスターズプレイス】

デッキの要となるエグゾリウスは除去だけでなくWブレイカーの効果でアタッカーとしても活躍できます。 スパイラル・スライダー• 高い勝率を持つと共に、速攻デッキという性質上多くの試合がこなせるのでランクマッチを多く回すには適しています。 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• デス・スモーク• イニシエートにタッチ イニシエートにタッチすることでを採用し、序盤の攻防でも遅れを取らないような構築になっています。 これからも、ランクマッチでどんどんランクを上げていきたいです! いずれは 全カードが実装されるのでしょうか?非常に楽しみですね! 「デュエル・マスターズプレイス」のここがポイント!• 序盤はドローで手札を増やしつつシールドを攻撃していき、ブロック不可のクリスタルランサーでフィニッシュを狙っていきましょう。 ボルメテで攻撃したシールドは墓地に置かれるため、手札を与えずに攻める事が可能。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。

Next

【デュエマプレイス】最強デッキランキング【デュエルマスターズプレイス】

デアリガズ連ドラ 強力なドラゴンが増えた連ドラ からドラゴンを連打していく通称「連ドラ」が、等優秀なドラゴンの追加によって強化されました。 シールド破壊時に相手の手札を増やすことになるので、相手のリソースを削るカードも入れておくとより効果的です。 ポケットモンスター関連• 前2体、後ともにが完全に一致する希少な組み合わせ。 アクア・サーファー• 速攻に適したクリーチャーが増えたので強化されています。 後半で一気に相手の戦術を削ることができるぞ。

Next

『デュエル・マスターズ プレイス』最新情報!! 第4弾「混沌の軍勢 REBELLION SYMPATHY」カード情報《略奪秘宝ジャギラ》!

青銅の鎧• 5 - 8. 5 - 8. エナジー・ライト• 5 - 7. 同型も増えており、青単を使う人が多いので対策として ソーサヘッド・シャークを用いることで、同型に対してかなり有利であり、盤面を一気に覆すことができるのでおすすめです。 あちらと同じく、が無くとも展開が可能なこのはやはり凶悪。 キミの切り札になるかもしれない強力なクリーチャーたちが登場!? そして、フルアタックが最強です。 光臨の精霊ピカリエ• 5 - 9. アクア・ハルカス• 序盤は除去に徹して立ち回るため、速攻系のデッキには勝ちづらいので注意しましょう。 不死身男爵ボーグ• 青白ガーディアン ガーディアンを進化・強化させて戦う ガーディアンの進化クリーチャーであるは、5マナ8500W・ブレイカーの高いスペックに加えて相手がS・トリガーを使うたびにシールドを増やす効果を持ちます。 サーファーを切り、攻撃に特化した構築になっています。

Next

【デュエマプレイス】最強デッキランキング【デュエルマスターズプレイス】

ランクマッチでプレイヤーの デュエル力を競える!. 運が絡みますが2枚~3枚のドローは見込むことができます。 したがって(まぁ言わずもがなですが)全戦全勝できるデッキではないので、それだけはご注意を。 《ペコタン》+ 《ミラージュ・マーメイド》のコンボは一気に大量にドローできるため、【ボルコン】等のコントロールデッキに対して非常に有効です。 ブロッカーが展開されていてもこれらを駆使して突破することができます。 闇のハンデス等々、紹介しきれないほどです。 コントロール系統のデッキとのデュエルでは、 序盤は盾を割らずにエマージェンシー・タイフーンを連打し、 フェアリーを墓地に落としつつブリザードの進化に備えます。

Next

【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエマプレイス】

同じ青緑系統のブリザードでも、 レベリオン・クワキリを採用した「青緑ブリザード」と アストラル・リーフを採用した「リーフブリザード」に大別されます。 またの代償か、が少々低め。 5 — 8. 《アクア・サーファー》等のSトリガーのおかげで、殴り合いに強くなっています。 自分のからをできるを持つ。 ご了承ください。

Next

【デュエマプレイス】青黒ハンデス(アクアンブラック)の最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

ナーフ後のブリザードデッキでも、 水文明と自然文明を採用するのは変わりません。 ナーフされる前のダイヤモンド・ブリザード(以下ダイブリ)を採用したデッキは、 エンリッチワームやプライマル・スクリームを採用した黒型や 滅罪の使徒レミーラや光器ペトローバを採用した白型がありました。 《ホーリー・メール》で仕込むことも出来ます。 先ほども教えたとおり、水系はドローが潤沢なので、 手札アドバンテージ的にも中盤以降ついていきやすいはずです。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 黒型は墓地からブリザードを拾えるメリットや動きが派手なので、 いっけん強く見えますが、 ブリザードデッキの中では、そこまで強くはありません。

Next