ドラパガエンミトム。 【剣盾S3使用構築】最終6位 二律背反ミトムカビドラパ

ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

最後に、対戦してくださった皆さん、ここまで記事を読んでくれた方、ありがとうございました。 がスカーフを持つように見えたのか、スカーフの警戒をされることが無く、非常に動かしやすかった。 で初手DMを合わせ、相手の詰めとして残るや、エースバーンに後続で応戦した。 【個別解説】 ・ドラパルト 某氏の前期構築を参考にし特殊襷ドラパに不意打ちを持たせてみた。 シーズン5の対戦も全試合配信したのでアーカイブに残っています。 今期はとにかく迷走のシーズンだったので、こうして結果を残すことが出来て本当に良かったです。 で完成。

Next

ドラギャラドリュ

追い討ち枠がいたらゲンガーじゃなくてミトムを出す。 前々期、前期とあまり時間が取れず、今期は時間が取れることがわかっていたのでかなり意気込んでいました。 タイプの変わった【エースバーン】に対してもこのおにびはよく刺さった。 ガエンカビミミやガエンミトムカビ選出が強いと思ったので前期の構築からカビミミを採用した。 や に対する立ち回りが一気に楽になったこと、 に対する解答がゲコ以外に作れたこと、 出せない時の地面技に対する引き先として機能した。 基本的に後攻でとんぼ返りを打ちたいがたまに見かけるドサイドンに上から鬼火を入れなければいけないため、最遅は本構築においてはありえない。

Next

【剣盾S3使用構築】最終6位 二律背反ミトムカビドラパ

その他、ピクシーやニンフィアなどの突破ルート確保がしにくいポケモンに対しても絶対零度の採用により汎用性を損なわず選出に組み込める。 アッキッス自身には高耐久に対する崩し性能はあるものの、フェアリー技を切ったこともあり、、パッチラゴンなどが組み込まれたサイクル志向の構築に対して不利を取ってしまう。 次に上記の3体だときつい 受け、バルジだけでは対応できない最速毒 に対して強く出られる身代わり持ちの 、構築単位できつい展開構築、 や のストッパー、鋼に対する崩しを意識してゴZ の採用まではすぐに決まり、最後は の選出抑制、 などの鋼+レのサイクルを崩していける草Z を採用して一旦構築完成。 C:ぶっぱ S:無振りブルル、メガヘラ抜き BD:振り分け H:余り 電気受け、対面操作、対面性能の高さを欲張った型で採用。 フェアリータイプ(ドラパ対策で選出されやすい )• 馬鹿力を採用したかったが上振れ期待も兼ねて地割れのまま使っていた。 ・最後に、やと相性が良く、相手に圧力をかけれるアタッカーとして氷を採用し、パーティが完成した。 今回はS5に使用していた構築の紹介になります。

Next

【s6使用構築】アグロミトムガエン【最高32位最終2××】

s6お疲れ様でした。 主にエースバーン入りやパッチラゴン入に出していく。 サイクルの中で相手のダイマックスエースを見極め、こちらのダイマックスで無理やり止めることで最終的にこちらの選出の何かしらが通るように立ち回る。 【最後に】 いろいろとありましたが、S5お疲れ様でした。 【終わりに】 19達成&1位で記事を書くつもりだったのですが、環境に対策が蔓延してきたせいか思うように勝てなくなってしまったので撤退の意味も兼ねて記事を書きました。 選出率は5位とそこまで高くはないが、こいつを出した時は勝率がかなり高かった。

Next

ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

アマガはドラパミミドリュを受けで処理しに行くのに対しはこいつらにドリルに怯えずに上から攻めで処理してもらう。 19序盤から20までの試合ではこご風を1回も外さず、ヘド爆で毒引いたりとエースとして最高の活躍をしてくれた。 基本3ターン以内に試合を終わらせるか自らが退場するので余り普通の技は打たなかったがキッス、に素で諸刃を当てないといけない際は最終盤1回外しただけの偉い子。 も重かったりするのでついでに見てもらっていた。 :ゴツメ 性格:腕白 特性:防塵 技:サマ 挑発 羽休め 蜻蛉返り 実数値() 215 236 -85-172 252 -x-115-103 20 B:ぶっぱ S:-1準速100族抜き抜き H:余り 物理受けとして採用。 だがそれ以上に使いやすく、非常に強力だった。

Next

【剣盾S6使用構築】悪鬼滅殺トゲキッス【最終8位&レート2177達成】

読みづらい部分もあるかと思いますが最後まで読んでもらえると嬉しいです。 半面火力があまりにも足りないので、少し困ることもあった。 ・ストリンダー 追記) 型にもよるが、対面で相手できるのがドラパルトしかいないので、ほっぺすりすりないしばくおんぱをうまくかわす必要がある。 【苦手な】 ・ 弱点をつける技が無く、少しずつ削るしかない。 エースバーン アマガピクシーに一貫し、受け出しから勝てる駒がいないのでとてもしんどかったです。

Next

原点回帰サザンガルド【剣盾S5最終日最高53位最終65位】

が過労死しないようクッションとしての役割を分散させられたり、特性「綿毛」の素早さ操作から・ピクシーで上から制圧、積む展開が狙えたりと構築の他5体とかなりの取れただったと思う。 ヌルの電磁波や後攻とんぼで有利対面を作り、ドラパルトで積む構想だったものの以下の問題点が発生した。 自分が求める性能は対面でステロを押せることだったので、前期なごしさんが使用していた天然HDピクシーを参考にし、放射だった枠にステロを採用しました。 以下個別解説と選出パターンに移る。 シーズン中盤まではが誘うを殺す珠を使ってたが、ラムと同じく前を見た選択をするとクルクルされて透かされちゃうのと、クッションのいない構築が使いづらすぎていつものに戻った。 5割程でほぼ負けないので当たったらラッキー。

Next

剣盾シーズン5使用構築 ドラパガエンwithデマル

相手のダイジェットエースに対してックスを切らずにターン稼ぎができるようにを採用した。 速いミトムは想定してた通りの強さだったが、全ドラパに交代読み悪波耐えられたので途中から地面にボルチェン撃ったりなど苦しい展開を要求されることもあった。 :ノーマルZ 性格:意地っ張り 特性:厚い脂肪 技:自爆 炎のパンチ 欠伸 実数値() 235-178 252 -108 180 -x140 76 -50 調整はこちらの記事を参考にさせて頂きました のストッパー、 に対するクッションとして採用。 トップ画像を見て「え?!ワタシラガ…?!一体どんな風に使っていたんだ…!!!」と気になってこの構築記事を見てくださった方々に対して、ここで深くお詫び申し上げます。 ドヒドヌオーのような受け回しの並びに対してもこの選出をする。 カジリガメを出していなくてアマガにを切る必要が無いと判断出来たら基本的にこいつにを切っている。

Next